2023.03.032024.05.28

広告運用代行手数料が「広告費の20%」の理由

リスティング広告の運用代行を代理店に依頼しようと、代理店選びを進めていると、
運用手数料を「広告費の20%」と設定している代理店が多いのは何故だろう、という疑問が浮かびます。

筆者がこの業界に入った際には、既にこの「広告費の20%」は慣習になっていました。
弊社の運用代行手数料についても、基本的には「広告費の20%」と設定させていただいておりますが、
実際に入社してみて、弊社の代理店としてのサービス内容・利益を考えると、やはり適正価格はこの程度に落ち着くのかな、といった印象です。

以下では、弊社のリスティング広告運用代行費でまかなわれるサービス内容を紹介していきますので、
「広告費の20%」が相場であることをご理解いただけると幸いです。

目次
1. 株式会社クイックリーの料金表
2. 株式会社クイックリーのサービス内容
2-1. 広告運用費に相当するサービス
2-2. 初期費用に相当するサービス
3. 運用代行費が「広告費の20%」とならない例外について
4. 運用代行費が相場の「20%」未満の広告代理店は要注意
5. まとめ

 

1. 株式会社クイックリーの料金表

まずは、弊社の料金表をご覧ください。

冒頭でも記載した通り、基本的には「広告費の20%」を運用手数料としており、
例外として、
①広告費が15万円未満の場合、3万円の運用手数料
②広告費が100万円以上の場合、要相談(運用内容によって異なる)
の2パターンがあります。

また、初期費用として別途10万円を頂いています。

2. 株式会社クイックリーのサービス内容

料金表をご覧いただいたところで、
広告運用費、初期費用それぞれの料金に対応するサービス内容をご紹介します。

広告運用費に相当するサービス

広告運用費に相当するサービスとして
予算管理、問い合わせ管理、入札単価調整、プレースメント管理、配信の最適化、データ分析、改善施策立案・実施
がございます。

問い合わせ管理

「管理画面上のコンバージョンが取れているか?」だけでなく、
メールや電話の内容を確認し、純粋な問い合わせをカウント、営業メールや既存顧客からの確認電話は非カウントとし、
広告の成果を純粋な問い合わせだけで語れるように、管理をしております。

問い合わせの時間・曜日・地域などのデータを蓄積することで、データ分析の精度を高めています。

さらに、電話のコンバージョンに関しては、オフラインコンバージョンとして
Google広告やYahoo!広告等の媒体にアップロードし、入札の精度を高めています。

予算管理

お預かりしている予算を超過して使用したり、逆に大幅に余らせてしまったり、といったことが起こらないよう、
日々、予算の使用ペースをチェックし、必要であれば調整をかけています。

入札単価調整

手動入札を利用している場合、広告予算内で最大限成果が出せる入札設定を探り、調整しています。
自動入札を利用している場合は、蓄積されたデータや、配信量の変動を見ながら、必要に応じて入札戦略を変更します。

プレースメント管理

ディスプレイ広告を実施している場合に、
クリック率が飛びぬけて高いプレースメントが見つかる場合があります。
これは、誤クリックが発生している可能性が高いと判断できるため、このようなプレースメントの除外などを実施しています。

配信の最適化

広告を配信していると、効果の見込めないキーワードに配信されてしまうことがあります。
弊社では毎日管理画面の確認をしている為、そのようなキーワードを除外設定することで広告費の無駄を削減しています。
又、広告の文章なども効果検証をし、改善していくことで限られた費用で最大限の効果が出るよう配信の最適化をしていきます。

データ分析

広告配信で蓄積された、クリック、コンバージョン、LP上のユーザー行動などのデータを分析し、課題の抽出を行います。

改善施策立案・実施

データ分析で得た課題に対して、改善策を立案します。
クライアントに実施の可否を確認する必要がある場合は、施策内容の説明を行い、ご理解いただいたうえで、改善策を実施します。

初期費用に相当するサービス

初期費用に相当するサービスとして
クライアントのサービス分析、競合調査、ターゲット層分析、バナー制作、媒体選定、配信設定構築、タグの管理
がございます。

競合調査

クライアントの競合についての理解を深め、クライアントが勝てる要素、勝てない要素を確認し、訴求ポイントの整理を行います。

クライアントのサービス分析

広告配信開始にあたり、クライアントの商品・サービスについての理解を深め、強み・弱みを確認します。
また、希望のLPがある場合は、事前に改修した方が良い箇所の確認も行います。

ターゲット層分析

サービス分析・競合分析を踏まえて、どのようなユーザーに需要があるかを検討し、広告配信のターゲット設計(検索広告ならキーワード、その他ディスプレイ広告等ならオーディエンスの選定)
を行います。

媒体選定

ターゲット層・広告予算に適した媒体を選定します。

配信設定構築

ターゲット設計別にどのような広告文を配信するのか、キャンペーン別の予算配分、配信曜日、時間、地域、デバイス等の設計を検討し、入稿を行います。

タグの管理

コンバージョンの計測やオーディエンスの蓄積、アクセス解析ツール用のタグの設置や動作確認を行います。

バナー制作

上記より得られた、訴求ポイントやターゲット層に向けたディスプレイ広告で初めに設定するのバナー制作(2デザイン)を行います。

以上のように、
初期費用(10万円)は、クライアントの広告配信を成功させるための準備
広告運用費(広告予算の20%)は広告を最適化するための仮説・検証
のサービスの対価として頂いています。

3. 運用代行費が「広告費の20%」とならない例外について

ところで前述の料金表には、運用代行費が「広告費の20%」とならないプランがあります。


プラン1:広告費が15万円未満の場合、3万円
プラン4:広告費が100万円以上の場合、要相談

これらの例外はシンプルで、提供するサービスと運用代行費を釣り合わせるためです。

プラン1については、要するに最低金額を3万円とさせていただいています。
広告費が15万円未満の場合でも、20%の運用代行費としてしまうと、
サービス内容がいただくご料金を上回ってしまうためです。

逆に、プラン4については、
運用内容がシンプルで広告予算のみが大きい場合、
広告費100万円未満のときとサービス内容に差が無いという状況であれば、運用代行費を抑える相談が可能になります。

4. 運用代行費が相場の「20%」未満の広告代理店は要注意

運用代行費が相場の「20%」未満の広告代理店には、相当の理由があると思うとよいでしょう。
例えば、
「薄利多売」形式で運営しているため、クライアント1社にじっくり向き合ってくれない
客寄せのため、先着〇社限定で割引している
といった事情があるのではないかと思われます。

もちろん、企業努力で相場未満にできている場合もあるでしょうが、
取引開始前にそれを見極めるのは、難しいと思われます。

5. まとめ

リスティング広告の運用代行費は「広告費の20%」が相場であることを
弊社サービス内容に照らし合わせて、紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか?

本投稿が皆様のリスティング広告代理店選びの一助になりましたら、幸いです。
また、「クイックリーからも提案を聞いてみたい」と思われる方は、下記よりご相談下さい。

株式会社クイックリー

この記事を書いた人

nakase

入社4年目。WEB広告プランナーの中瀬です。WEB解析士。兵庫県宝塚市出身。1992年生まれ。 前職では求人メディアの営業を経験し、今はリスティング広告を中心にWEB広告の運用に携わるチームのリーダーです。また、弊社のSEO対策も兼務し、記事の執筆も担当しております。文字に起こすことで理解の解像度も上がり、刺激的な毎日です。日々の気づきを、お客様の成果に繋げられるようなアイデアに昇華できるよう努力します!twitterも更新中!趣味・嗜好は、アコギ(習いに通っています)、スポーツ観戦(Bリーグの中継をよく見ます)、ゲーム、お酒、アイドルのライヴ観戦、etc.